自宅をオール電化にするメリットとデメリット

オール電化のメリット

近年、自宅をオール電化にする人が増えています。
震災後、屋根に太陽光発電設備を付ける家庭が増えたために電力の有効活用ができるオール電化のメリットが大きくなっています。

太陽光発電による電力ですべての家電を使うことができれば、家庭でのエネルギーコストを大幅に減らすことが期待できます。

自宅をオール電化にすると、キッチンではIHクッキングヒーターを使用することになります。

IHクッキングヒーターはガスコンロとは違って、火傷をする心配がなくなってくるため、 小さい子供がいる家庭では安心できるメリットが出てきます。

また、オール電化にすると給湯器は、空気の熱を活用したエコなタイプにする必要が出てきます。

この給湯器は僅かな電力を使うだけですむことから、電気代を減らすメリットが生まれてきます。

しかし、機器の導入においては、通常のガス給湯器に比べて費用が数倍になってしまうというデメリットが存在します。

このようにガスを使用しない調理器や給湯器を導入することで、 家庭のすべてが電力で賄える状況にすることが可能です。

オール電化1

オール電化のデメリット

しかし、オール電化にするとメリットとは逆にデメリットが出てくる場合もあるため、 注意が必要となってきます。

オール電化住宅にすることのデメリットとしては、万が一電力会社からの電力供給が止まってしまった場合に、 すべての家電が使えなくなってしまう恐れが出てくることが挙げられます。

太陽光発電設備のある家庭ならば、電力会社からの電力供給が止まっても、 数時間程度は電化製品などを使用することができます。

しかし、太陽光発電設備がない家庭だと殆どのエネルギー源が断たれてしまうことに繋がってきます。
とくに冬の寒い時期となると、停電で暖房設備が使えなくなってしまうデメリットが考えられます。

近年、暖房器具としてファンヒーターを使っている家庭も多くなっていますが、
ファンヒーターは電力がないと動かない特徴があります。

そのため、オール電化住宅では万が一に備えて灯油だけで使える石油ストーブを購入しておく必要が出てきます。